人気ブログランキング |

ひねもすピクニック

hinemospic.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 17日

おおはたはしご

一夜明ければ旅立ち 起きるのはやだね 。

8月15日のこと。  ガタゴト ガタンゴトン と中央線に揺られ国立へ。

ばったり、電車で知り合いに遭遇。
電車の中で、彼はマルイの水着カタログ(女性用)を広げていた。

「何みてるんすか?」

 『水着のカタログだよ』

「サイテーっすね」(笑

 『いや、サイコーだよ』

水着ギャルじゃなく、あんたのことだ!!カタログ3冊目らしい。笑
いいね。いいね。


今日は、『季刊Yoshigaki 09夏』。 芳垣安洋×おおはた雄一 @ 国立NO TRUNKS
NO TRUNKS というJAZZを中心としたライブもやっているバー。

とても心地よい。マスターもイイイキフンです。
HPに載っている名前の由来。スキですよ。こうゆうの。
でも本当にたっくさん考えたんだろうなあ。。



おおはたさんは自由に演奏してたなあ。気持ちよさそう。
芳垣さんは、おおはたさんのギターにあわせて、音をつくる。
一緒にやるのがはじめての曲ばっかりだったそうで。そう即興。セッションだ。

すんげえギターとドラムがみれましたよ。
二人の演奏に圧倒された約2時間。わぁお。


そして、一緒に
終電近くの中央線から井の頭線へと乗り継いで、着いたのは下北沢440。
今夜は、もうひとつ ということで、

『441セッション』@下北沢440 おおはた雄一&曽我大穂
気ままな夜通し夜更かしセッション。

大穂さんの演奏は毎度みててきいてて驚きや楽しさをくれる。野生音楽家。

他にもCinema Dub Monksのガンジーさんや元ミチルカの田尻くん、
スカンク兄弟の畑さん、ケンタロウさんら
おおはたさん縁のミュージシャンが、こんもりと。

440のステージを使わず、お店のど真ん中にセットをつくって、セッション。


まったく眠くならなかった。きこえてくる音を夢中でつかまえてたよ。

このひとたち いつまでもこんなこと続けてほしいなあ。とぼんやり思った夏の朝。

はやばやと明るくなっていく夏の朝。

目をこすりながらの始発でしたが、えらい気持ちのいい朝でした。



ippeyeah!!

f0199465_039086.jpg


by hinemospicnic | 2009-08-17 23:58 | 日常にLiveを


<< 蝉の音      ゼイタクナマチ >>